読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WANDERLUST

写真好きアラサーマーケターの旅ブログ(ファッション・美容・グルメ・ビジネス等)

ベルギー②:アントワープでディナー 絶品!ムールフリットのお店「Bolivar」

ヨーロッパ ベルギー

車で移動し、夜はアントワープの「Bolivar」でディナー。

f:id:char_hm:20161214185227j:image

 

ベルギー人の彼によると、ベルギーの伝統料理が食べれるベルギーで人気のお店だそう。トリップアドバイザーでも高い評価でした。

www.tripadvisor.jp

f:id:char_hm:20161214185309j:image

f:id:char_hm:20161214185336j:image

 

まずは店員さんにムールフリットにあうビールを伺い、オーダー。日本に比べて安い!

Duvelと出会ったことでハマったベルギービールですが、日本だと高くてなかなか飲めないので嬉しいかぎりです。

 

日本ではピルスナーが主流ですが、ベルギーはエール、ランビック等、日本人にとっては馴染みのないタイプのビールが主流。香り豊かなアロマとフルーティーなものから、日本のビールよりライトなもの、コクやクセの強いものまで、幅広くそろっています。

 

お酒はその特徴に合った器で飲むのが一番美味しいからか、銘柄ごとに専用のグラスがあるようです。

 

brugse zot(ブルッグス・ゾット)は、かすかに柑橘系の香りがして爽快なのどごし。

f:id:char_hm:20161214185244j:image

 

念願のムール・フリットが到着しました!

とにかくお鍋が大きくてビックリ!私の顔より大きい。。。

全部食べれるのか、これ。。。と一瞬頭をよぎりましたが、野菜と、ニンニク、ムール貝のエキスがたっぷり入っていておいしい^^

…難なく、完食(笑)

実はムール貝ってあまりおいしいイメージがなかったのですが、一気に好きになりました。

f:id:char_hm:20161214185416j:image

フリットの揚げ方も絶妙!軽い口当たりでホクホク。

マヨネーズは日本のものよりあっさりとしていて、ポテトの素材の風味が引き立ちます。

f:id:char_hm:20161214185403j:image

2杯目は、Orvalオルヴァル)。

フルーティな香り、苦味が効いてて私好みでした。

f:id:char_hm:20161214185434j:image

 

住所はコチラ。

f:id:char_hm:20161214185452j:image

 

たった4時間の短いベルギー旅でしたが、お天気にも恵まれ大満足^^

 

ベルギーはお天気が変わりやすいこと、グラン・プラス付近でアジア人の一人旅旅行者は狙われやすいそうなので、道を案内してあげるとか言われてもついていかないよう、お気をつけください。