読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WANDERLUST

写真好きアラサーマーケターの旅ブログ(ファッション・美容・グルメ・ビジネス等)

オランダ⑫:フェルメールが生まれ育った街デルフト

デンハーグの次は、デルフト(Delft)へ。

f:id:char_hm:20161205161839j:plain

フェルメールが生まれ育った街であり、

マウリッツハイス美術館で『デルフトの眺望』を見た後に、写生ポイントを求めてデルフトまで足を伸ばしました。

 

駅は近代的ですが、

f:id:char_hm:20161205162256j:plain

 

運河が張り巡らされ、のどかなオランダの風景が。

f:id:char_hm:20161205162325j:plain

f:id:char_hm:20161205162332j:plain

f:id:char_hm:20161205162335j:plain

f:id:char_hm:20161205162714j:plain

 

 

『デルフトの眺望』のモデルとなった風景は、この奥に。

f:id:char_hm:20161205162747j:plain

 

f:id:char_hm:20161205162732j:plain

時代の流れで風景も変わり印象は異なっているものの、とても素敵な場所でした。

ベンチに座ってぼーっと眺めながら一息。

f:id:char_hm:20161205162840j:plain

f:id:char_hm:20161205162852j:plain

 

その後、デルフト散策へ。

 

街の中心にはNieuwe Kerk(新教会)がそびえ立っています。
近づいてみると、デルフト市庁舎に向かい合うように、マルクト広場に建っていていました。

f:id:char_hm:20161205163906j:plain

f:id:char_hm:20161205163918j:plain

f:id:char_hm:20161205163944j:plain

 オランダに住むならここに住みたいな。

 

帰りに、お花と花瓶を購入。

オランダはお花が安い♪ホテルが明るくなりました。

 

f:id:char_hm:20161205171601j:plain

明日は、ロッテルダムの日本人コミュニティーのミーティングに参加します。