読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WANDERLUST

写真好きアラサーマーケターの旅ブログ(ファッション・美容・グルメ・ビジネス等)

オランダ⑪:王族が住む政治の中心地☆オシャレな街デンハーグ

ヨーロッパ オランダ

今日は、ロッテルダム(Rotterdam)からデンハーグ(Den Haag)へ。

f:id:char_hm:20161205154438j:plain

 

デンハーグまでは電車移動。下記サイトの手順に従ったら、難なくオランダ版suicaの『OV-chipkaart(オーフェイ・チップカールト)』を購入することができました^^ 

orenji-life.com

 

 

国際司法裁判所があるVredespaleis(平和宮) や、

f:id:char_hm:20161205153445j:plain

オランダの政治の発祥の地、Binnenhof(ビネンホフ)に立ち寄り、

f:id:char_hm:20161205154042j:plain

f:id:char_hm:20161205154100j:plain

ビネンホフの入り口付近には、6月が旬のニシン(ハーリング)のテイクアウトが。

水鳥がマスコットのごとく、うろうろしていてかわいい。 

f:id:char_hm:20161205154137j:plain

…ニシンは生魚を週一食べる私にとっても、結構生臭かったです(汗)

ブローチェハーリングの方が生臭さがソースに消されそうだから良さそう。

f:id:char_hm:20161205161359j:plain

 


目的のマウリッツハイス美術館へ。

f:id:char_hm:20161205154645j:image 

ホフ池のほとりに、優美にたたずむこの美術館には、王室オラニエ家が代々収集した美術品が所蔵されています。

 

ファン・カンベンによる建物は、外観も内装も美しい。

フェルメールの代表作「青いターバンの少女」「デルフトの眺望」、レンブラント出世作「テュルプ博士の解剖学」や「自画像」を堪能。

f:id:char_hm:20161205154744j:image

f:id:char_hm:20161205154755j:image

 新館では、ワイヤーアートが鑑賞できました。

 

 

その後、Paleis Noordeinde(ノールドアインデ宮殿)に向かい、

f:id:char_hm:20161205160349j:plain

ノードアインデ通りをお散歩。

f:id:char_hm:20161205160336j:plain

この通り好きだな^_^

閑静でギャラリーやショップが沢山。

知名度があまり高くないブランドのバッグに気づいてくれたり、

コレクション話で盛り上がったり、

f:id:char_hm:20161205160404j:plain

カナダのデザイナーのお店では、お隣の試着室のおばちゃんと好きなテイストが一緒で意気投合。

 

チビな私に合うサイズがなく、ことごとくおばちゃんが代わりに買っていく笑  サイズが34以上しかない。。。

f:id:char_hm:20161205160423j:plain

f:id:char_hm:20161205160808j:plain

 

 オランダ語はわかりませんが、ファッションでコミュニケーションがとれました^^